黨則の力を吸収 先鋒精神を発展

    2017-10-05

    上海の都心で、両列の石庫門建物が靜かに立ち、真っ黒な門、ピカピカの掛け金、斑になっているドライ壁、きれいな彫刻がある橫木は上海人を百年以上溫かくしている典型的な畫面を定格し、普通の町から革命揺りかごへの時代伝説を続けている。ここは南成都路補徳裏625號(現老成都北路7番地30號)──中國共産黨の第2

    彼は共産黨員のすべきことを全て完成

    2017-10-05

    1920年、フランスのモンタルジでの粗末な中學校の寮で、ある凜點しい少年は薄くて古い服を著て、厳しい喘息を我慢して、フランス語の辭典を読みながら、マルクス?レーニン主義についての色點なフランス語のハンドブックを勉強していた。彼は語彙と文の意味を繰り返して論考して、考え込んでいた時もあれば、興奮なので

    困難に面して不屈する意志

    2017-10-05

    1935年6月18日、ある高くて従容たる人は刑場へ向かっていき、激しい銃聲を伴って、一人の若者が亡くなった。しかし、國家の解放、民族の獨立、人民の幸福を追求しつつある革命信念は依然として存在しており、不屈な革命意志は小さい火花のように、中華大地で蔓延しつつあり、すくすく生長した。瞿秋白血に倒れていた

    中國共産黨の第2次全國代表大會に出席した代表たちの精神コードについての解読

    2017-10-05

    中國共産黨の第2次全國代表大會開催地は“黨の誕生地”に関する重要な革命遺跡の一つである。1922年、大會に出席した12位代表は北國の長い夜の星を帯び、広東大地の南風を浴び、揚子江の波の音を聞きながら、ここに集まって、建黨偉業を打ち合わせた。早期共産黨人の優れた人格と革命伝統は約百年の歴史風雨を経験し