ホーム >> ニュース >> 靜安ニュース

ダブルライン経由の上海9進入•カシュガル農産物上海活動ウィークが開催

原稿発送の期日:2018-02-09

訪問回數:


寫真はカシュガル農産物上海活動ウィークが靜安區の大衆生活に入る場面 記者 肖鳴亮 撮影[L1] 

 

(記者 彭旭卉)127日から25日まで、貧困者を精確に扶助し、新疆の4県の特色農産物の売れ行きを広げ、売上高を高めるよう支援するために、上海市の新疆支援作業前線指揮部は「上海新春農産物大規模聯合展示」をきっかけに、市(上海市)合作交流弁公室、市ビジネス委員會、市農村作業委員會及び対応4區の支援と協同の下で、「ダブルライン経由の上海9進入」——カシュガル農産物上海活動ウィークの展示フェアと宣伝活動を行った。今回の宣伝活動は上海の新疆支援巴楚分指揮部が靜安區をメイン會場として行われ、そのほか分指揮部は閔行區、寶山區、浦東新區で分會場活動を組織した。

 

「上海・カシュガル連盟」は貧困者扶助をもっと精確にする

 

131日午前、今回の活動ウィーク開幕式は上海商城1階のメインホールで行われた。現場には、今回の活動ウィークで販売する農産物は、葉城クルミ、沢普ナツメ、莎車アーモンド、巴楚羊肉、氷砂糖心リンゴ等の10種類があり、すべての農産物は上海の新疆支援前線指揮部、上海とカシュガルの農業及びビジネス部門が共同で創立した「上海とカシュガル農産物の生産販売協力連盟」から供給された。

 

「上海とカシュガル連盟はカシュガルの4県の有名製品・特産物・良品に対し、集中して資源統合を行うことで、もっとも速く上海市場に投入する。」聞くところによると、特色農産物と市場販売との結合を実現し、製品販売規模とブランド影響力を拡大するために、上海の新疆支援幹部は製品の「進入」検查を厳しく行い、突っ込んだ現地視察・訪問をして、4県の農産物加工企業及びその製品の品質を厳格に選択した。今まで計50あまりの企業と産業協會が加盟した。連盟メンバーが産地で直接受け取る場合、精確さに焦點を置き、建檔立卡(貧困家庭のために保存書類を作成し、貧困カードを配る)貧困家庭の標準に合う特色農産物を優先調達する。

 

「オンライン・オフライン」の新しい消費モードを打ち出す

 

上海の新疆支援における巴楚分指揮部の擔當者は、今回のカシュガル農産物上海活動ウィークは「ダブルライン経由の上海9進入」の策略を取る、と紹介した。中高年市民がオフライン購入が好きな習慣を捉え、上海の新疆支援部門はベストを盡くして、普通の市民がカシュガル特色農産物を見て觸れられるようにした。同時に、主催者は若いホワイトカラーが好きなオンラインショッピングの消費習慣も考慮して、「オンライン・オフラインで、同型の価格が同じ」なダブルライン連動策略をとり、電子商取引プラットフォームを利用してオンライン販売を行い、カシュガルの高品質農産物を押し広めた。

 

聞くところによると、上海市の新疆支援作業前線指揮部巴楚分指揮部は上海市の新疆支援作業前線指揮部の支援と援助を受け、2017121日から「ダブルライン経由の上海9進入」の農産物販売を試み、今まで480トン以上の製品が販売され、売上高は660萬元に達した。巴楚分指揮部は近頃農産物販売でのよい経験に基づき、上海商城と各街・鎮でそれぞれ「ダブルライン経由の上海9進入・カシュガル農産物上海活動ウィーク」を行い、色點な農産物を70トン売り出し、販売収入が210萬元に達する見込みである。


 [L1]之前新聞稿此處譯法與修改前一致,建議保持統一。

 


attachment:
0