ホーム >> ニュース >> 靜安ニュース

靜安區が2017年度経済貢獻企業トップ200社の授賞式を開催

原稿発送の期日:2018-03-08

訪問回數:


寫真は區內の企業代表が授賞式で舞踴「虹を越え」を踴っている 記者 肖鳴亮 撮影

 

(記者 邢蓓琳)2017年、靜安區の年間稅収総収入は685.59億元(人民元)があった。區レベルの一般公共予算収入は232.8億元で、前年比8.48%増加し、その絶対値と増加幅両方は中心市街區の1位であった。多國籍企業の地區本部が計70社に達した。企業が過去1年間で靜安區の経済社會を発展するように重要な貢獻をしたことを心から感謝し、盛大に表彰するために、靜安區は2月28日午後、上海商城劇院で2017年度経済貢獻企業トップ200社の授賞式を開催した。區委(中國共産黨上海市靜安區委員會)書記の安路生氏、區委副書記、區長の陸暁棟氏、區(靜安區)人大常委會(人民代表大會常務委員會)主任の李葳萍氏、區政協(中國上海市靜安區人民政治協商會議)主席の陳永弟氏、區委副書記の顧雲豪氏等の區四套班子(4グループ:各レベルの中國共産黨委員會、全國人民代表大會、政府、中國人民政治協商會議)の指導者が授賞式に出席し、受賞企業の代表に賞を與えた。

 

調查によると、國泰君安証券股份有限公司はトップを切り、靜安區2017年度経済貢獻企業トップ100社の「先導者」になった。2~5位はフィリップス(中國)投資有限公司、ロレアル(中國)有限公司、平安資産管理有限責任公司とSAP(中國)有限公司だった。

 

陸暁棟氏は挨拶で區委、區人大、區政府、區政協を代表して2017年経済貢獻企業トップ200社の企業家及び地域経済社會の発展に優れた貢獻をしたすべての企業関係者に心からの感謝を表した。彼は、2017年に靜安區では「中心市街區の新しい見本、上海発展における新しいハイライト」になる全般的な要求に応じて、「1軸3帯(1つの発展軸、3つの集合帯)」の発展戦略の実施を早め、國際化、細分化と融合・発展に焦點を合わせ、全力で成長安定化、改革促進、構造調整、福祉向上、リスク予防の各作業を完成し、年初に定めた目標と任務を全面的に達成し、地域経済社會の発展が良好な態勢を維持した。これら成績の取得は容易でなく、區內の広範な企業、特に重點企業、重點ビル、重點団地の大きな支援と積極的な參與を離せない。2018年に広範な企業がいつものように支援、參與し、靜安區の経済社會発展を推し進めてほしい、と語った。また、陸暁棟氏は區政府を代表して、靜安區では最高標準とレベルに合わせて、全力でもっとよく、優れて、高効率のビジネス環境を作り、企業に奉仕する「給仕」の役割をよく果たし、すべての區內企業が靜安區の夢をかなえる福地ですくすくと成長し、強大になるようにする、と丁重に約束した。

 

現場でMary Kay(中國)化粧品有限公司副総裁の方紅蕾氏は、Mary Kayが靜安區に定著する23年以來、靜安區における各級政府と各部門の心を盡くした指導とサポートを受けたからこそ、もっと多い精力を業務発展に傾けることができた。新年に、會社は引き続き努力し、靜安區とともに進み、さらに成績を上げる、と語った。

 

フィリップス(中國)投資有限公司副総裁の朱海鸞氏は、2017年、フィリップスの中國地區本部を靜安區に移転し戻したあと、最も明らかに感じたのは靜安區がもっと美しくなり、社員の幸福指數が大幅に向上され、ビジネス環境がもっと便利、合理化され、企業へのサービスもとてもタイムリで効果的であった、と語った。

 

當日の授賞式で有名なバリトン歌手の廖昌永、バイオリニストの黃蒙拉、京劇蕓術家の史依弘、上海曲蕓団、手拉手蕓術団等の名家が誘われて出演したほか、區內11社の28人の企業代表も誘われ、ヒットメドレーとダンスの形式で、各自が靜安區とのストーリーを表現した。メンバーたちが靜安區の各稅収ポストから來た靜安區稅務陽光合唱団も合唱「不忘初心(初心を忘れず)」で「初心を忘れず、使命を銘記し、初心を忘れず、永遠に人民に奉仕する」心の聲を歌い出した。


attachment: